ウォッチ ドッグ タイマ。 ウォッチドッグタイマ

タイマ ウォッチ ドッグ

🤙 MCUに内蔵されたWDTでのみ監視をおこなっている場合、異常状態のMCUが自身の監視・異常検出を正常に行える、と言い切ることはできません。

タイマ ウォッチ ドッグ

⚠ 図2にノコギリ波を生成する回路とその動作を示すタイミングチャートを示します。 ウォッチドッグタイマの基本構成 (クリックで拡大) ユーザーはプリロードレジスタに監視周期に相当する値を設定します。

8
タイマ ウォッチ ドッグ

😎 ウォッチドッグを、マイクロコントローラの発振器回路から分離します。

タイマ ウォッチ ドッグ

😅 そうするとプログラムが途中で停止すると、ウォッチドッグタイマをリセットできなくなり、システムがリセットされます。 障害を引き起こした問題のに役立つ情報などを媒体に保存する機能を持つ場合、ウォッチドッグタイマーはより複雑なこともある。

11
タイマ ウォッチ ドッグ

👉 最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイマ ウォッチ ドッグ

💙 図4にその動作イメージを示します。 通常実行中であれば、ソフトウェア リセットがかかり、ソフトウェアが再起動されます• リセットタイマーICは押しボタンスイッチが押されている時間が一定以上継続するとマイコンなどのシステムに対してリセット信号を生成するので、ある意味、時間を監視していると言えます。 今回はマイコンの電源電圧を監視するICではありませんが、電源監視ICと同様にマイコンを監視するという意味で同じ範疇にはいるウォッチドッグタイマーICを取り上げて説明したいと思います。

13
タイマ ウォッチ ドッグ

👏 「ハードウェア的には健全に見えるが、ソフトウェア的には機能していないシステム」もまた、異常として検出されねばならず、そのためには何らかのソフトウェアウォッチドッグタイマーが必要である。 この例では、マイクロコントローラとスマートウォッチドッグの両方に、通信モジュールが接続されています。 このクロックが何らかの原因で止まってしまうと、監視を続けることができません。